空き家に困ったら空き家管理舎宮城

業務内容・空き家空き地管理、空き家売却、空き家買取、空き家無料売却査定、相続空き家対応、生前整理、遺品整理、空き家活用、空き家再生、空き家リフォーム、空き家解体、草刈剪定、空き家賃貸       
トップページ 空き家問題 空き家管理 空き家売却 よくある質問 お問い合わせ
 

生前、相続後の不動産整理・空き家活用


 当社には不動産部門があり、空き家管理とは別に空き家による不動産の活用、生前、相続の不動産整
 理、相続不動産の売却などもお手伝いをすることができます。
 不動産に関る専門家、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、行政書士などとも連携しお客様
 の不動産に関するお悩みも解決することができます!
 空き家や空き地を売却することによって放置している空き家の不安を取り除くことができます。売却するこ
 とで大変だった管理する手間や時間はもちろん、無駄な固定資産税も支払う必要がなくなります。また、生
 活資金等が必要な場合得ることのできるお金が増えます。
 今現在核家族化や高齢者の孤独死、独居、孤立などが社会問題となっております。地域とのコミニケー
 ションがはかれず孤立する高齢者の一人暮らしが増えており、遠方にお住まいのご家族は不安だと思い
 ます。また、ご両親との同居や施設への御入居などでご両親がお住まいになられていたご実家などを生
 前整理を含めてご売却するケースも増えております。
 その資金で生活費、施設などの費用、株、金融商品など投資などを行い上手に老後の生活に充てること
 できます。
 また空き家や相続など税制面でも様々なメリットもあります!
 何も対策を行わないよりかは行うことは重要です!
 空き家管理、遺品整理と合わせ是非ご検討下さい!ワンストップサービスでお客様のお悩みを全て解決
 致します!
 
                        

1、空き家をそのままの状態で売却する
2、解体を行い売却
3、駐車場として利用
4、買取りをしてもらう
5、リフォームをして貸す
6、解体を行う                           


 


 空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例


 空き家の売買を活発にして、空き家を減らしていく目的で定められた、「空き家に係る譲渡所得の特別控
 除の特例」です。平成28年税制改正大綱に含まれました。  一定の条件を満たした空き家の売却に対し、
 3,000万円の特別控除を行うというものです。
 ※平成28年4月1日から、平成31年12月31日のあいだの売却が対象です。

 特例を受けるための「一定の条件」とは?

 1、相続開始まで自宅で、相続により空き家になった。
 2、昭和56年5月31日以前に建築されている。
 3、マンションなど、区分所有建物ではない
 4、相続から3年を経過する日の属する12月31日までの相続であること
 5、売却額が1億円を超えないこと
 6、相続から空き家以外になっていないこと(使用履歴がないこと)
 7、役所から要件を満たす証明書類を入手し、確定申告書に添付して申告すること。
 8、建物を解体するか、新耐震基準を満たすように改修して売却

 細かい条件がありますが、簡単にいえば、相続した旧耐震基準の家屋を、耐震改修して売却するか、解
 体し更地にして売却する場合に、譲渡所得の3,000万円の特別控除の特例が適用されるというものです。

 以上の条件を「すべて満たす」必要があります。控除額3,000万円はとても高額のため、まずは様々な条件
 と「空き家の相続」に限定した適用となるようです。
 何も手をつけていない不動産の活用によっては利益を生み出す可能性があります。

 またアスリートホームでは空き家などご活用のない不動産の再生にも力を入れています。

 詳しいご相談はTEL022−781−6792までお気軽に御相談下さい。




Copyright © 2013 宮城県内 仙台市 空き家売却、遺品整理、管理、空き家の相続のお悩みは空き家管理舎 宮城 All rights reserved.
by 相談無料!宮城県内 空き家売却、管理、賃貸、空き家の活用、空き家の相続、遺品整理のお悩みは空き家管理舎 宮城